ブログ

「おじさん」「おばさん」の呼びかけは英語で”uncle” “aunt”?

Pocket

おじさん

Hi, everyone!

英語才能引き出しトレーナーの薮下です!

 

今日は、アジア人が間違えやすい表現についてご紹介します。

私たち日本人は、見知らぬ人でも、「おじさん」「おじちゃん」「おっちゃん」「おっさん」「おばさん」「おばちゃん」「おばはん」などと呼びますよね?

そして、おじさんは英語で”uncle”、おばさんは英語で”aunt”。

英語で「おじさん」「おばさん」と呼びかけるときにも、つい癖で同じように”uncle””aunt”を使って呼びかけたくなるのですが、実は英語では日本語と同じ感覚で「おじさん」「おばさん」という呼びかけはしないんです。

この記事では、英語の”uncle””aunt”の使われ方、そして、日本語で「おじさん」「おばさん」と呼びかけるときはどうしたらいいのかをご紹介していきます。

uncle, aunt の使われ方

uncle、aunt は、親族のおじさん、おばさんに使う言葉で、日本語のように知らない人には使いません。

知らない人をおじさん、おばさんと呼ぶ習慣は、日本以外でもアジアにはあるようで、東南アジアの人がよく”uncle””aunt”を日本語のように呼びかけで使っているのが見受けられます。

ただこれはアジアの文化で、英語圏では、親族ではないおじさん、おばさんにたいして、”uncle””aunt”という呼びかけはしません。

では英語で親族以外の知らない人に「おじさん」「おばさん」と呼びかけたいときには、どう表現したらいいのでしょうか?

英語で知らない人に「おじさん」「おばさん」と呼びかけるには

知らない人への呼びかけで、「おじさん」「おばさん」と言いたいときには、以下の表現が使えます。

男性に対して:Sir

女性に対して:Ma’am, Madam

例えば、前を歩いている方が物を落として声をかける時。

Excuse me, sir. You dropped something.

Excuse me, ma’am (madam). You dropped something.

が、女性に使う時はちょっと注意!

Ma’am (Madam) は、大人の女性にたいして使うので、Ma’am, Madamっていう年齢じゃないわ!と怒ってしまう方も時々います。

このあたりは、日本語でも一緒ですよね。

なので、呼びかける時はできるだけ”Excuse me.”だけで近くまで行くのが一番安全かなぁと、私は思います。

会話の中で「おっちゃん」「おばちゃん」と英語で言いたいとき

誰かを呼ぶわけではなく、会話の中でおじさん、おばさんを使うこともありますよね?

例えば、

昨日、変なおじさんがいて、タワシに紐つけて散歩してたの。

こんな場合。(タワシおじさん本当にいるらしいです。余談ですが。)

こうゆう場合、英語では、「おじさん」「おばさん」とは、特に言いません。

man, woman, guy, ladyなどを使います。

先ほどのタワシおじさんの例でご紹介します。

I saw a strange man yesterday. He was walking a scourer with a leash on.

また、中年ということを言いたいのであれば、middle agedを頭につけて、“a middle aged man” “a middle aged woman”というように表現できますが、会話の中でわざわざ強調して言っているのはあまり聞かないように思います。

または、その人がどのくらいの年代かを表現するのもいいですね。

例えば、

He looked like he was in his late forties.

彼は40代後半くらいに見えたよ。

こうすると、おじさんだったのがわかりますね。

自分のことを「おじさん」「おばさん」と英語で言うには

自分のことを、「もうおじさんだからね」とか「もうおばさんだからね」と言うこともありますよね。

この場合は、「もう年だから」とか「もう若くないから」というような言い方をすると表現できます。

I’m an old man.

おじさんだからね。

I’m an old lady. 

おばさんだからね。

I’m not so young anymore.

もうそんなに若くないからね。

このように、自分のことを「おじさん」「おばさん」と呼ぶ時にも、”uncle””aunt”は使わずに表現しましょう。

まとめ

いかがでしたか?

英語で親族以外の「おじさん」「おばさん」と言うときでも、”uncle””aunt”だと思っている方、結構多いと思います。

自分のおじさんやおばさんのことを話してるのかなっと勘違いされてしまわないように、ご注意くださいね!

合わせて読みたい関連記事はこちら

I beg your pardon?は聞き返す時に使わない?実際の使われ方とは!? 突然ですが、相手の言っていることがわからなくて聞き返す時に使う、英語のフレーズって、何を思い浮かべますか?  教科書に載っていた ...
英語を話せない本当の理由!メンタルブロックが英会話上達を阻む5つのパターン あなたは、英語を話せるようになりたいけど、 というお悩みをお持ちではありませんか? 学校のテストではいい点を取れていた。...
ABOUT ME
英語才能引き出しトレーナー薮下
英語才能引き出しトレーナー薮下
TOEIC985点。長野県生まれ長野県育ち、大阪在住。 21カ国に滞在経験あり。語学学校通学、現地就業経験、10年に渡り英会話・同時通訳・翻訳・海外プロモーションなど、英語に携わる仕事に従事。 中学生の時Hi-STANDARD(バンド)をきっかけに英語の魅力に惹かれ始める。 大学では英米語英米文学科を専攻。しかし、英語は話せるようにならず、大学卒業後カナダに渡り、1年9ヶ月バンクーバーで過ごす。 カナダ在住中に、海外に住んだからといって英語が話せるようになるわけではないということを思い知り、悪戦苦闘しながら英語を習得。 カナダでの経験が人生の大きな岐路となり、英語が話せることの楽しさ、世界が広がる喜びを、より多くの方に伝えるため、英語トレーニングを通じて活動中。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
オススメの関連記事