ブログ

英語ができるようになると困る理由

Hi, everyone!

英語才能引き出しトレーナーの薮下です!

すっかりご無沙汰してしまいました。。

世界はすっかりコロナの巣窟になってしまいましたね。

皆さん、お元気でしょうか?

緊急事態宣言も出され、未知のことなので、不安で仕方がないという方もいらっしゃるかもしれませんね。

先日スーパーに行った時に、パスタの棚が空っぽになっていました。

その様子をテレビ局の方が撮影されていました。

でも、空になっているのはパスタの棚だけ。お肉も野菜もパンもあるのに、他の棚を撮影せずにそこだけ撮影されて帰っていきました。

どういう報道をされるのかわかりませんが、そこだけ報道しているとしたら、全然現状を伝えられていないですよね。

不必要に不安を煽るだけですよね。

 

日々増えていく感染者数。

でも、退院された方や症状が出ないまま陰性になった人の数をもっと報道して欲しいなぁと個人的に思います。

日本の対応に対して批判もたくさんありますが、私は個人的に日本はかなり頑張っていると思っています。

なぜなら、他の国に比べて圧倒的に死者数が少ないからです。

もちろん死者が出てしまっていることは残念なことなのですが、ここまで抑えられているのはすごいと思います。

 

イギリスの友人もカナダの友人も不思議がっていました。イギリスの友人は

You know the one thing I’m wondering and no one is talking about.
Why isn’t Japan affected like here?

誰もあんまり話題にしてないけど、俺が不思議に思ってることがあるんだ。なんで日本はここ(ヨーロッパ)ほどの影響を受けていないのか?

 

その話をしだすととってもとっても長くなるので、ここではしませんが、かなり頑張ってると思います。

他の国と比べて日本の政策は遅れている!という人もいますが、国民性もバックグランドも違う国で、必ずしも同じことをすればいいわけではないと思います。

なので、不安ムードに巻き込まれずに、不要な外出を控える、手洗いうがいをしっかりするなど、感染拡大を防ぐために、私たちがすべきことを引き続き頑張り、早く終息させましょう(o^^o)

 

医療従事者の方々が、最前線で頑張ってくれてますからね!

これ以上彼らの負担を増やさないように、Stay healthy and safe!

皆で頑張りましょう!!

 

さて、先日生徒さんとのセッションで、「英語もそうだけど、英語よりも生き方に関わることなので、教えてもらえてめちゃテンションが上がってる」という嬉しいお言葉をいただきました(^^)

なぜ生徒さんがこんなことをおっしゃったのかというと、英語でつまずく原因が、英語の知識や単語量ではないところにあるからです。

そしてトレーニングの中で、その根本原因との向き合い方をお伝えしていくのですが、それが生き方に関わってくるからなんです。

いつもメルマガでお伝えしていますが、英語の成長を妨げている根本原因は、心、メンタル面が大きく関係していることが多いです。

 

ご本人に許可をいただいたので、ある生徒さんの事例を今日はご紹介させていただこうと思います。

この生徒さん、トレーニングを始めた当初は、楽しく英語の学習に取り組んでくださっていたのですが、途中から、英語に取り組むことが、苦痛に感じるようになっていました。

何が苦痛に感じているのかをヒアリングさせていただくと、頑張っているのに、英語の伸びが伴っていない。そこに苦痛を感じてらっしゃいました。

さらにヒアリングを進めていくと、英語だけではなく、今まで取り組んだ資格の勉強や仕事でも、やってる量に比べて、頭に残っている量が少ない。

勉強していても、入ってきている感じがなしない。

と感じられてることがわかりました。

 

もしかして、と思いこんなお願いをしてみました。

「英語できるようになっていいよ」とご自身に語りかけてあげてください。

そうすると、心がその言葉を全く受け取らないどころか、言葉がツルンツルンと、氷の上を滑っていく感じだったそうです!!

 

どういうことかお分りいただけますか?

実はこれ、無意識レベルでは、英語をできるようになっていいと、思っていないということなんです。

無意識については、過去のメルマガでご紹介させて頂いておりますので、こちらの記事をご参照いただけたらと思います。

英語の成長を素直に認められない方は何が原因?Hi, everyone! 英語才能引き出しトレーナーの薮下です! 一昨日の実践会では、初参加の方が2名いらっしゃり...

 

さらにヒアリングを進めていくと、無意識に、できない子じゃないと認めてもらえない。と思っていることがわかりました!

この生徒さん、お兄さんがいらっしゃるのですが、お兄さんはとても賢くて、目立つ存在だったそうです。

いつも自分はお兄さんの影に隠れていたような。

親戚の集まりでも、お兄さんの話題になり、〇〇くんはすごいね!と言われる。

でも自分の話は話題にならない。

そして、親御さんから、「女の子だからできなくていいんだよ。」「〇〇ちゃんはできないね。」と言われていたそうです。

できない子でいると、注目してもらえたんです。

これがある意味、成功体験になっていたんです。

 

できないとかまってもらえる。できない子でいれば、見てもらえる。という成功体験です。

 

子供の頃に、これが無意識の中にインプットされました。

でも成長するにつれ、できない自分でいたいわけではないと気づきますよね。

やりたいことに向かって、勉強も頑張るし、自分のしたいことを目指して頑張ります。

それなのに無意識には、

できない子でいること=いいこと

できる子=認められない存在

とインプットされてしまっているので、脳は頑張ろうとするのに心がついてこないんです。

 

勉強している割に成長しないのは、成長しないように、できる子にならないように無意識がコントロールしてくれているからなんです。

 

まさかこんなところに原因があるとは、という感じですよね(^^;

私自身もそうですが、えっ、それが原因だったの!?ということが、今の私たちの行動の障壁になっていることが多々あります。

それで困っていなければ問題ないんです。そのままでOKです。

ただ、この生徒さんのように、それによって英語に取り組めなかったり、学習しているのに英語を使えるようにならないって、辛いですよね><。。

そして英語だけではなく、他のことにも影響してきます。

なので、子供の頃の感情と向き合っていただきました。

 

すると、英語の学習に対する気持ちも変わりました。

やらなきゃいけない、という焦りや脅迫的な気持ちではなく、やりたい時にやろう、という穏やかな気持ちで取り組めるようになったんです!

すると、取り組んで入る時間は以前よりも少ないけれど、取り組む時は「やりたい」と思って取り組んでいるので、以前よりも入ってくるようになったんです。

 

まだ、「英語できるようになっていいよ」の声かけに対しては、「本当にいいの?」「大丈夫かなぁ」という心の不安の声が返ってくるそうです。

ただ、これってすごい成長なんです!!!

前は、全く言葉を受け入れてくれなかったのが、言葉を受け入れてくれるようになったんです。

 

これってすごいことなんです!

ここまできたら、できるようになっていいよ、と毎日声かけをして、心に栄養を与えてあげる。

そうすると、どんどん不安が解消されていきます(^^)

 

無意識レベルから、自分は、英語ができるようになる!って自信を持って言えるようになると、学習にもしっかり取り組め、英語ができる自分になっていきます。

 

英語の学習が苦しいな、嫌だな、と感じたら、具体的に何が嫌だと思っているのか、考えてみてくださいね(^^)

実は原因は英語ではないところにあるかもしれません。

 

ということで、今日はここまでです!

長くなってしまいましたが、最後までお読みいただきありがとうございました!

ABOUT ME
英語才能引き出しトレーナー薮下
英語才能引き出しトレーナー薮下
TOEIC985点・英検一級。 長野県生まれ長野県育ち、大阪在住。 21カ国に滞在経験あり。語学学校通学、現地就業経験、10年に渡り英会話・同時通訳・翻訳・海外プロモーションなど、英語に携わる仕事に従事。 中学生の時Hi-STANDARD(バンド)をきっかけに英語の魅力に惹かれ始める。 大学では英米語英米文学科を専攻。しかし、英語は話せるようにならず、大学卒業後カナダに渡り、1年9ヶ月バンクーバーで過ごす。 カナダ在住中に、海外に住んだからといって英語が話せるようになるわけではないということを思い知り、悪戦苦闘しながら英語を習得。 カナダでの経験が人生の大きな岐路となり、英語が話せることの楽しさ、世界が広がる喜びを、より多くの方に伝えるため、英語トレーニングを通じて活動中。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
7ステップ無料メール講座

英語の知識を身につければ英語は話せるようになると思っていませんか?実はこれ、多くの方が勘違いされていることなんです。

英語を話せるようになるのに、本当に必要なことを7ステップでお伝えします。

オススメの関連記事