ブログ

着付けと英語の共通点とは?

Pocket

Hi, everyone!

英語才能引き出しトレーナーの薮下です!

昨日は初めて着物を着て外出してみました!

一通り着付け教わって、帯は、ちゃんとした結び方はまだできないのですが、創作結びを覚えたのでなんとか着れる感じです。

先生が、実際着物着て外出してみると、色々発見があるから上達するよっておっしゃってたので、

まだ全然綺麗に着れないのですが出てみました。

早速着物の洗礼を受けました。

進まない!!!笑
一歩がいつもより小さくなるので、駅までいつもより時間がかかり、遅刻。

小走りで走りまくり汗だく。

着物でエレガントに微笑みながら歩く予定が必死の形相で汗だく。

そんな状態でも、着物で登場した私に、皆様、「お〜!素敵!」という優しい声をかけてくださいました。笑

実際に着て外出してみると、襟の部分が家出た時は左右対称だったはずなのに、気づいたらバラバラになっていました。

着物は左右対称で出来ていて、ちゃんと着付けられていれば、ずれることはないんです。

ということは、着付けの段階で私がどこかでヘマしてるのです。

でも自分ではどの部分でヘマっているのか全く検討もつかないので、次回のレッスンで先生に聞いてみます。

というこの流れ、、、英語と一緒!!!!!

と思って昨日の帰り道、小股で歩きながら思っていました。笑

①着物の基礎知識を教わる=英語の基礎文法を学ぶ

②着付けの仕方を教わる=話し方を学ぶ

③家で着付けの練習する=英語の課題に取り組み練習する

④ちゃんとは着れないけど着物で外出する=ちゃんとは話せないけどとりあえず誰かと英語で話してみる

⑤疑問が生まれる=疑問が生まれる

⑥先生に聞いて修正していく=先生に聞いて修正していく

これを繰り返していくことにより上達していくんですよね!!

上達していくと、新しい帯の結び方とかは、Youtube動画を参考にするだけでもできるようになる。

最初からYoutube見ながら結ぼうとしてもできなかったり、残念な見た目になってしまうけど、ある程度上達すると、それができるようになるっていうのも、英語と一緒だな〜と思いました!!

結局、着付けや英語に関わらず、この流れって何かを学ぶ時って一緒なんですよね。

なので、この流れを意識して、英語も勉強していくと上達が早くなります!

ただ、日本人がつまづきやすいポイントがこの流れの中に隠れています。

どこかわかりますか?

ご察しの方もいらっしゃると思いますが、

④ちゃんとは着れないけど着物で外出する=ちゃんとは話せないけどとりあえず誰かと英語で話してみる

この部分です。

着物であれば、「綺麗に着れないのに外出するなんて恥ずかしい。。」

英語であれば、「ちゃんと話せないのに話すなんて恥ずかしい。。」

こう思ってしまい、③をひたすら繰り返す。③はもちろん大事なんです。大事なのですが③だけやっていても、気づけないことがたくさんあります。

そして、④をすることによって初めて③で学んだことの意味が腑に落ちることがたくさんあります。

 

④をすると、先生が言っていたのはこういう意味か、と腑に落ちるんですよね。

 

今からお話する例は会話ではないのですが、④をすることによって③で学んだことの意味が腑に落ちた例なのでちょっとご紹介します。

先日、TOEICを人生で初めて受験された生徒さんがいらっしゃいます。

私が日々トレーニングの中で、「TOEICでいい点が取れることと、英語が話せることは別物です。」というお話をしているのですが、受験してみて、その意味がわかったとおっしゃっていました。

この生徒さん、イタリア語が話せるので、外国語の会話の感覚がわかる方なのですが、TOEICを受験して、「誰もこんな風に話さないよな」と思ったそうです。

その通りなんです!!TOEICは、例えるなら国語の現代文のテストかな。現代文の問題のように、私たち会話しますか?

しないですよね?

この生徒さんは、実際にTOEICを受けてみたことにより、私がお伝えしていたことの意味がわかり、いつも取り組んでいる課題がなぜ効果的なのか腑に落ちたんですね。

なのであなたも、④を恐れずに是非やってみてくださいね^^

とはいえ、行動したらいいのはわかっているけれども心がついてこない、恐怖心が勝ってしまう、という方もいらっしゃいますよね。

その辺りについての取り組み方のヒントを次回お伝えできたらなと思っています。

あ、最後にお伝えしておきますが、TOIECを否定しているわけではないですからね!

TOEICは、英語に対する理解力、読解力を測るテストだと私は思っています。

なので、たまに「英語を話せるようになりたいからTOEICの勉強をしようと思っているんです。」とおっしゃる方がいるのですが、それは目的と手段が合っていないですよ、と言いたいんです。

 

例えば、ロックが好き、ドラムを叩けるようになりたいです!と言いながら和太鼓の練習をしている感じですね。

 

ということで、今日はここまで!
Talk to you later!

ABOUT ME
英語才能引き出しトレーナー薮下
英語才能引き出しトレーナー薮下
TOEIC985点。長野県生まれ長野県育ち、大阪在住。 21カ国に滞在経験あり。語学学校通学、現地就業経験、10年に渡り英会話・同時通訳・翻訳・海外プロモーションなど、英語に携わる仕事に従事。 中学生の時Hi-STANDARD(バンド)をきっかけに英語の魅力に惹かれ始める。 大学では英米語英米文学科を専攻。しかし、英語は話せるようにならず、大学卒業後カナダに渡り、1年9ヶ月バンクーバーで過ごす。 カナダ在住中に、海外に住んだからといって英語が話せるようになるわけではないということを思い知り、悪戦苦闘しながら英語を習得。 カナダでの経験が人生の大きな岐路となり、英語が話せることの楽しさ、世界が広がる喜びを、より多くの方に伝えるため、英語トレーニングを通じて活動中。 ⇒詳しいプロフィールはこちら