ブログ

あんた大嫌い!と言われた話

Hi, everyone!
英語才能引き出しトレーナーの薮下です!

あっという間に9月に入り、残すところ今年も4ヶ月となりましたね。

コロナ禍ではありますが、いい一年だった、と言えるように残りも過ごしたいですね(^^)

さて、こないだアメリカ人の友達が新居に遊びに来てくれました!

その時、友達に何度も言われた言葉が…

I hate you!
あんた大嫌い!

もう何度言われたかわかりません。笑

その都度私は

I know.
だよねー。

と言ってニヤニヤしてました。笑

大嫌いと言われてニヤついてる私は決してマゾなわけではありません。笑

では、どんなシチュエーションでこの

I hate you.

を友達が使っていたかと言うと、羨ましすぎるときです。

I’m jealous!
うらやましい!

 

を通り越して、羨ましすぎる時に
I hate you.
が登場します。

ありがたいことにうちをすごく気に入ってくれて、どうやって物件見つけたのかとか、根掘り葉掘り聞かれました。笑

日本語ではなかなか羨ましいシチュエーションで大っ嫌い、は言わないですよね。いうとしても「羨ましすぎて嫌いになりそう」くらいの表現ですよね。

このあたりはやはり英語の文化ですねー!海外ドラマを見ていても結構出てきます。

 

羨ましすぎるシチュエーションあれば試しに使ってみてくださいね!その時には、羨ましい!のテンションで、
I hate you!
というとGoodです(^^)

 

シリアスにいうと本気の嫌いになっちゃうのでトーン大事です。

 

ということで、今日は意外な I hate you の使い方をご紹介しました。

では、本日はここまで!
Talk to you soon!

ABOUT ME
英語才能引き出しトレーナー薮下
英語才能引き出しトレーナー薮下
TOEIC985点・英検一級。 長野県生まれ長野県育ち、大阪在住。 21カ国に滞在経験あり。語学学校通学、現地就業経験、10年に渡り英会話・同時通訳・翻訳・海外プロモーションなど、英語に携わる仕事に従事。 中学生の時Hi-STANDARD(バンド)をきっかけに英語の魅力に惹かれ始める。 大学では英米語英米文学科を専攻。しかし、英語は話せるようにならず、大学卒業後カナダに渡り、1年9ヶ月バンクーバーで過ごす。 カナダ在住中に、海外に住んだからといって英語が話せるようになるわけではないということを思い知り、悪戦苦闘しながら英語を習得。 カナダでの経験が人生の大きな岐路となり、英語が話せることの楽しさ、世界が広がる喜びを、より多くの方に伝えるため、英語トレーニングを通じて活動中。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
7ステップ無料メール講座

英語の知識を身につければ英語は話せるようになると思っていませんか?実はこれ、多くの方が勘違いされていることなんです。

英語を話せるようになるのに、本当に必要なことを7ステップでお伝えします。

オススメの関連記事