本嫌いの私が最後まで読んだおすすめの洋書5選

Pocket

a girl reading a book

英語を勉強している方の中には、『洋書を読めるようになりたい』という人もいるのではないでしょうか?

私は日本語でもあまり本を読むのは好きではないのですが、「英語スランプは誰にでも訪れる」でお話しした英語スランプ時に、私は洋書を読みまくりました。
いや、買いまくりました。
そしてその中で最後まで読んだ本(読めた本)は数冊。
本当に面白くないと最後まで読めないんです^^;

そこで、今回は、洋書の選び方、そして本嫌いの私、英語才能引き出しトレーナー薮下が、最後まで読めたおすすめの洋書をご紹介します。

どういった洋書を選べばいいのか?

よく、洋書はどういうのを選べばいいですか?と聞かれますが、読みたいと思う本を読むのが一番です。
私が本を買う時には、1、2ページ目を立ち読みし、続きが読みたい!と思うかどうかで判断しています。

もちろん、その人のレベルによっても選ぶべき本は変わってきます。
立ち読みをしている時にわからない単語があっても、辞書を使わずストーリーが掴めるかどうかで判断してください。
1、2ページ読んで、あまりにもわからない単語ばかりだったり、読むのがしんどいと感じるのであれば、その本はオススメしません。
おそらく途中で嫌になってやめてしまうと思います。。

あまりにもわからない単語だらけで辞書なしでは全くストーリーが掴めないのであれば、ラダーシリーズペンギンリーダーズといった英語学習者用の洋書があるので、そちらをオススメします。
レベル別になっているので、初心者の方でも読みやすい本が揃っています!
まずはラダーシリーズやペンギンリーダーズで英文に慣れ、単語量を増やしていってから、通常の洋書に移りましょう。

おすすめの洋書 

では、私が今まで読んでよかった本をご紹介します。

これ以外の本も読みましたが、もともと本がそんなに好きではない私。

先ほども言いましたが本当に面白くないと最後まで読めない・・・

なのでこれから紹介する本は、私でも飽きなかった内容が面白い本達です!

Flowers for Algernon

おわりに

こうして見ると、日記形式の本を好んで読んでますね私。

日記形式だと、話し言葉に近い文章になるので読みやすいんですよね。

興味がわいた本があったら、なかみ検索や本屋さんで立ち読みしてみてください^^

本を読むと語彙力も上がるし、表現の幅も広がるので、読書は本当におすすめです!

The following two tabs change content below.
英語才能引き出しトレーナー薮下
TOEIC985点。長野県生まれ。 20カ国に滞在経験あり。語学学校通学、現地就業経験、10年に渡り英会話・同時通訳・翻訳・海外プロモーションなど、英語に携わる仕事に従事。 中学生の時Hi-STANDARD(バンド)をきっかけに英語の魅力に惹かれ始める。 大学では英米語英米文学科を専攻。しかし、英語は話せるようにならず、大学卒業後カナダに渡り、1年9ヶ月バンクーバーで過ごす。 カナダ在住中に、海外に住んだからといって英語が話せるようになるわけではないということを思い知り、悪戦苦闘しながら英語を習得。 カナダでの経験が人生の大きな岐路となり、英語が話せることの楽しさ、世界が広がる喜びを、より多くの方に伝えるため、英語トレーニングを通じて活動中。 ⇒詳しいプロフィールはこちら

英語の勉強の仕方でお悩みならこちらをご覧ください↓

メルマガ登録はこちら
こんな英語のお悩みはありませんか?
英会話スクールに通っているけど話せるようにならない
仕事で急に英語が必要になってしまった
TOEICのスコアをあげたい
英語を勉強したいけど何をどうしたらいいか分からない
勉強しようとしたけど続かない
英語を話して海外旅行をもっと楽しみたい

あなたの悩みに合わせた学習プランをご用意し、3ヶ月間あなたに寄り添ってトレーニングを行います。
だからあなたが求める英語力を3ヶ月で身につける事ができるんです。

たった3ヶ月で求める英語力が英語力が身につくパーソナルトレーニング、まずは気軽にお試し体験してみませんか?

体験セッションの詳細を見る

無料メール講座

LINE@で英会話に関する情報配信してます♪ 友だち追加

PCの方はQRコードから! LINE@QR

シーン別英会話